本文へスキップします。

本文へ

【全Qt】

Qt

【全・Qt】SRAロゴ
H1

FAQ

Q&A:検索

カテゴリー

Q&A:表示

Qt

ライセンスモデルに関する FAQ

Qt の商用版、オープンソース版について教えてください。
Qt の商用版は、商用製品開発に適した有償の商用ライセンスで利用できます。
Qt のオープンソース版は、LGPL ライセンスまたは GPL ライセンスでオープンソースソフトウェアの開発に無償で利用でき、LGPLの留意点の遵守をすることで商用製品開発にも利用できます。
商用版、LGPL 版については、Qt ライセンスのページに概要をまとめてあります。
デュアルライセンスとは何ですか。
「デュアルライセンス」とは、同一のコードを 2 つの異なるライセンスの下でリリースすることです。Qt のデュアルライセンスのモデルは、公正な交換 (「持ちつ持 たれつ」)の原則に基づいています。商用ライセンスと、LGPL/GPL の下にリリースされたオープンソース版の2つのライセンスにて Qt を使用することができます。 オープンソース版を使用する場合は、LGPL/GPL を遵守しなければなりません。このモデルは、MySQL や Sleepycat のようにいち早く採り入れた会社によって優れたものであることが証明されており、X11 および Mac OS X における Qt の普及に 貢献してきました。
このモデルは、MySQL や Sleepycat のようにいち早く採り入れた会社によって優れたものであることが証明されており、X11 および Mac OS X における Qt の普及に貢献してきました。
Qt のオープンソース版は、本当に GNU で言うフリーソフトウェアなのですか。
そうです。Qt のオープンソース版は、「無料」という意味のフリーと「束縛のない」という意味のフリーの両方の意味でフリーソフトウェアです。現に GNU LGPL/GPL の下で利用可能になっています。
Qt オープンソース版に名称を変更したのはなぜですか。
「Qt フリー版」から「Qt オープンソース版」に名称を変更したのは、この版に込められた意図を明白にするためです。
The Qt Company 社はオープンソース開発に確固とした信念を持っています。KDE プロジェクトやその他多くのオープンソースのプロジェクトを支援することに誇りを持っています。フリーソフトウェアという概念を支援しています。
しかしながら、「フリーソフトウェア」を「無料」という意味に解釈し、何の義務も果たさずにソースコードを利用できると考える人々が存在します。このような解釈を推奨しないようにしたいのです。
無料で入手できるのに、どうして商用版を購入しないといけないのですか。
商用版には、定評のある優れたサポートがあります。また、商用版ユーザだけが利用可能な商用ツールと追加パッケージが無料で提供されます。LGPL/GPL を遵守できないようであれば 、Qt の商用版を購入しなければなりません。
LGPL/GPL を遵守できないような開発をするのであれば (例えば、ソースコードを秘密にしたい、もしくは商用ソフトウェアを製造したいのであれば)、Qt の商用版を購入しなければなりません。
自分のソースコードを公開したくないのです。どうすればいいですか。
Qt の LGPL ライセンスを遵守して LGPL 版を使用するか、商用版ライセンスを購入しなければなりません。
Linux のディストリビューションに入っていた Qt を使って Qt のソフトウェアを開発しています。それでもライセンスを購入する必要はありますか。
Qt に関して LGPL/GPL を遵守できないようであれば、購入する必要があります。通常、Linux のディストリビューションに含まれる Qt は LGPL/GPL で提供さ れています。
The Qt Company 製品のオープンソース (GNU LGPL/GPL) 版を提供する背後にある考えは何ですか。
オープンソースソフトウェアのコミュニティに対する貢献です。我々がオープンソース版を提供することによって、オープンソースソフトウェアに貢献する人が何らかの見返りを受けることができるようになります。逆に、オープンソース版のユーザがバグレポートやフィードバックを提供し、Qt の品質が上がることで、我々も利益を得ることができるのです。
自分のマシンで KDE やその他の Qt で作られたソフトウェアを動かしたいだけなのですが、Qt オープンソース版でできますか。
合法的に Qt で開発されたアプリケーションを、Qt オープンソース版を用いて実行して構いません。自宅でも会社でも制限はありません。
Qt と Qt を使うアプリケーションを CD-ROM に収録あるいはウェブサイトに置きたいです。Qt のオープンソース版でそのようにしてもいいですか。
Qt のオープンソース版は、自宅でも勤め先でも制限なく、複製もしくは再配布できます。
Qt のオープンソース版でソフトウェアを作成し、GNU LGPL/GPL、BSD、もしくは Artistic ライセンスでリリースしてもいいですか。
GNU LGPL/GPL やその互換ライセンス、その他オープンソースのライセンスとして認可されたものであれば、どんなライセンスでも構いません。FSF.org と OpenSource.org のウェブサイトに、認可されたソフトウェアライセンスの一覧があります。
もしも The Qt Comapny 社が Qt のオープンソース版のリリースをやめたらどうなりますか。
そうするつもりは毛頭ありません。KDE プロジェクトとともに KDE Free Qt Foundation を設立しました。たとえ、我々にどうすることもできないような事情によって、新しいオープンソース版を作成することができなくなったとしても、Qt をオープンソースソフトウェアの開発に今後ずっと利用できることを、合法的に保証するためです。
作成したアプリケーションと一緒に商用版の Qt の DLL ファイルを配布しても良いですか。
問題ありません。Qt の商用ライセンスが適用されているヘッダファイルを含めソースコードを一切配布しない限り、作成したアプリケーションと一緒に DLL を自由に出荷してかまいません。
自分の製品で The Qt Company 社のアイコンを使用しても良いですか。
Qt のツール(Qt Designer、Qt Linguist および Qt Assistant)で使われているアイコン群は、我々が特別にデザインしたものです。アプリケーションでこれらのアイコンを使用しても構いません。ただし、アイコンの著作権が The Qt Comapny 社にあることを明記する必要があります。